納得のいく小顔治療を受けよう【手術の失敗を防ぐ方法】

最短距離は骨切り手術

女性

リスクをしっかり考えて

美人と言われる顔立ちになるより、小顔になりたいと願う人もいます。美容外科クリニックのホームページを見ても小顔メニューが豊富で、人気が高いことがわかります。小顔メニューの中で外科手術となるものは、骨切り輪郭形成やバッカルファット除去、フェイスリフトなどです。バッカルファットは加齢によって前方に移動して垂れてきてしまう脂肪であり、口元に脂肪が溜まっている人に適しています。口腔内を小さく切除して、深いところにある脂肪を取り出すだけなので、ダウンタイムはほとんどありません。プチ整形といっても良いくらいの手術です。しかし、バッカルファットを除去すると頬骨下がくぼんでしまうことが多く、フェイスリフトと組み合わせるか、脂肪かヒアルロン酸注入を行うことを推奨している医師もいます。フェイスリフトは糸を使う方法と使わない方法があり、前者はこめかみ辺りを切開し、糸で皮膚を引き上げる方法で、後者は耳の前を切って皮膚を引っ張って固定する方法です。糸リフトは様々な術法があり、近は頃メスを使わずに溶ける糸で引き上げる術法が話題になっています。脂肪やたるみで顔が大きくなっているのでなければ、骨切り輪郭形成が適当です。一番ダイナミックな整形手術となるものの、仕上がりは一等自然だと言われています。骨切り輪郭形成は、最も確実に小顔になれる方法と言えます。対象になる骨はエラ骨や頬骨、顎骨で、前者2種類が人気です。エラ骨での悩みは、顔が大きく見えるだけでなく、男らしい顔立ちになるという点も挙げられます。手術はエラの皮膚を切開して骨を削る術法もありますが、主流なのは口の中を切開して骨を削る口内法です。手術痕が表面に残らないのがメリットではあるものの、手術中は口を大きく開くので、顔面神経麻痺が一時的に起こりやすいです。また、削り過ぎて凹んだり窪んだりする可能性があります。頬骨の悩みは、前方に張り出しすぎて顔が大きく見えたり、悪目立ちしたりする点です。頬骨は口腔内からアプローチするのが一般的で、骨の外側を削る頬骨削骨術と、前後の骨を切って内側に下げる骨切り術があります。骨を削り過ぎると上顎洞が出て感染する可能性がありますし、骨を下げ過ぎると咀嚼しにくくなる可能性があるので注意が必要です。それに術後に皮膚が垂れやすいため、フェイスリフトも必要になることが多いです。骨切り手術は大変高度な技術を要するもので、安易に行えるものではありません。まずはカウンセリングで小顔になるためには骨切り手術が自分に最適なのかを確認し、医師を慎重に選ぶのが賢明です。納得が行くまで質問し、すぐに契約せずに熟考してから手術を決めてください。

Copyright© 2018 納得のいく小顔治療を受けよう【手術の失敗を防ぐ方法】 All Rights Reserved.