納得のいく小顔治療を受けよう【手術の失敗を防ぐ方法】

切らない施術も多様

顔に触れる女性

各種割引制度がある

美しさの基準には個人差はありますが、小顔に憧れを持つ人は多く、整形手術でも様々な方法が確立されています。治療方法は大きく分けて、切る手術と切らない施術の2種類です。切る手術では、あご骨やエラ骨、頬骨を切って小顔にする方法がメジャーです。全て口の中から切除して骨を切る、もしくは削るので、顔に傷痕は残りません。全身麻酔による手術で、基本的に入院は必要ありません。術後の腫れは避けることのできない副作用ですが、圧迫することで大きな腫れは2週間から4週間で引かせられます。それから、切らない施術には、エラボトックス注射や超音波施術、脂肪注入施術などが挙げられます。ボトックスは表情筋を緩める作用があるため、エラ付近の咬筋が大きく育っている人に注射すると、すっきりとした顔立ちにさせることが可能です。そして、超音波施術は筋膜に超音波を照射することでコラーゲンを沢山産出させ、肌の奥からたるみを引き上げます。肌のたるみによって顔が大きく見える人に効果的です。また、自分の脂肪を採取してあご先に注入して、シャープなVラインを形成することも可能です。あご先がすっきりすると小顔に見えるという視覚効果を狙ったものになります。頬骨の下がこけてしまった場合は、そこに脂肪注入するとフェイスラインを整えられます。美容外科では大抵小顔整形が行われていますが、内容が少し違うことがあります。あごの骨を切る手術では、骨の先端を切るか、中間を切って骨と骨をくっつけるか、という方法が主流です。しかし、あごを小さくしすぎて二重あごになるケースもあります。これは、あごが長い人は以外と少ないためです。顔面の下半分が大きい人やガミースマイルになる人などは、上あご全体を移動させる骨切り術と、下あご全体を移動させる骨切り術を組み合わせた手術が適切です。これは口腔外科や形成外科で行われている手術で、美容外科で行える医師は多くありません。この手術を希望する場合は、遠方のクリニックまで足を運ばなくてはいけない可能性があります。美容外科クリニックの患者は、地方から手術を受けに来る人も多いです。日帰り手術の場合はホテルに宿泊する人が多いですが、クリニックによっては入院が可能です。それと、術後の診察に何度も足を運ぶのは大変なので、遠方の患者に対しては受診回数を少なくしているところがあり、さらに交通費補助サービスを提供しているところもあります。割引制度は他に、会員割引や学生割引、シニア割引が挙げられます。小顔整形にかかる費用は安くないため、こうした割引を利用するのも一案です。

Copyright© 2018 納得のいく小顔治療を受けよう【手術の失敗を防ぐ方法】 All Rights Reserved.